企業情報

社長あいさつ Message

社長あいさつ

平素は格別のご高配を賜り、
厚く御礼申し上げます。

社長あいさつ

岡山臨港倉庫運輸株式会社 代表取締役社長 黒木 良樹

株式会社岡山臨港・岡山臨港倉庫運輸株式会社
代表取締役社長 黒木 良樹

当グループは1951年(昭和26年)、第3セクター方式の鉄道事業会社として創業しました。岡山市南部の第2次世界大戦後の復興と発展に寄与するとともに、地域住民の方々の足となっていました。しかしながら、モータリゼーション化の大波を受け、1984年(昭和59年)末やむなく鉄道事業を廃業いたしました。

そして、交通の要衝であり物流の結節点であるという好立地・利便性を活かし倉庫業を中心とした物流事業に転換再生いたしました。

低成長時代と言われる平成の30年間においても、お客様の厚いご支援のもと、26棟の倉庫・建物を新たに建設し合計44棟に達しています。車両20台を保有する運送事業や加工事業を含め今後も当社DNA“安心・安全”をベースに着実な成長を目指していきます。

さて、現在物流会社を取り巻く環境は激変の最中です。当社もその中で変化に対応していくため、社内では以下のように“明日のより良き臨港へ”と銘打った活動を実施しています。
当社の原点を忘れず安心安全に努め、お客様の信頼に応え、地域社会への貢献も今まで以上に果たしていきたいと考えています。さらにクリーンエネルギーを第一に、SDGsの観点からも当社の出来ることを始めていく計画です。
働き方改革は産業としても深刻な課題であり、その実行のため努力しています。またお客様や関連各社のご協力もお願いしなければなりません。制度としての働き方改革に加え、社員それぞれが能力を高め発揮できること、充実した生活を送れるよう企業風土の活性化を図っていきます。

さらにはデジタリゼーション・AI・自動化など、急速に進化している物流事業の近代化にもチャレンジしていきます。

よりお客様・社会に貢献できますよう、“明日のより良き臨港へ”を実現するべく努力してまいりますので、今後も皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

理念・方針

01安全・安心
鉄道時代から培ったDNA「安全・安心、そして確実」の精神を愚直に推進します。
02社会貢献
地域へのかかわりを積極的に果たすとともに、社会全体に対して将来にわたる継続的な社会貢献に取り組みます。
03着実な成長
お客様との信頼関係をベースに、安定した財務内容の元、着実な成長を目指します。
04働き方
の充実
働く主人公は「人」であることを念頭に、ワークライフバランスの充実を図り、より良き企業風土を目指します。

コンプライアンス宣言

  • 01.私たちは、法令・企業活動基準を遵守します。
  • 02.私たちは、企業利益よりも法令・企業活動基準を優先します。
  • 03.私たちは、法令・活動基準に反する行為、社会の信頼を裏切るような行為を防止するよう努めます。